メンズスキンケア朝夜別の効果的なやり方!男性にオススメの市販品も紹介

スキンケアは女性がやるものだと思っていませんか?

男性がスキンケアを行うと清潔感が増すので、仕事での印象もよくなり、女性からの好感度もアップするという良いこと尽くしなのです!

今回は、メンズのスキンケアの朝夜別の効果的なやり方と、市販されているおすすめアイテム(洗顔料、化粧水、乳液)を選び方のポイントとともにまとめてご紹介します。

メンズスキンケアの基本的なやり方

メンズのスキンケアの基本は、洗顔・化粧水・乳液の3つです。メンズ美容液なども販売していますが、基本はこの3つで問題ありません。

メンズは化粧をするわけではないので、肌にアレコレ塗るよりも、シンプルケアを心がけるようにしましょう。

洗顔:しっかり汚れを落とす

男性の肌は、女性の肌よりも3倍も皮脂が多くテカリやすいという特徴があります。

夕方になると鼻の頭や額のテカリが気になるという人は、皮脂を洗顔によってしっかり落とす必要があります。

皮脂が多いということは、毛穴のつまりが出来やすいのでニキビや吹き出物などの原因になることも。

 

また、皮脂は顔に繁殖する雑菌のエサになるので、洗顔で落としきれていない汚れがあると肌荒れや体臭の原因に繋がることもあります。

皮脂独特のにおいが、あなたの清潔感を下げているかもしれません!

 

洗顔をするときには、ぬるま湯で軽く顔をすすいでから、ネットで泡立てた濃厚泡で洗いましょう。

額や鼻、顎、フェイスラインという皮脂の分泌が激しい部分から洗っていき、頬や口元もていねいに洗うようにしましょう。

 

すすぐときは、冷水にするのがおすすめです。

毛穴を引きしめて皮脂の分泌をおさえてくれるのです。

化粧水:肌を保湿する

洗顔をした後の肌は水分が蒸発してしまっています。

化粧水を塗らないと肌の水分が失われてしまうので、皮脂の量が増えてしまう原因になります。

洗顔に力を入れてもテカリが収まらないという人は、保湿に力を入れましょう。

 

洗顔後5分以内に化粧水を肌に塗布するようにしましょう。

皮脂の分泌の多い額・鼻に塗ってから、頬や目元、口元という乾燥しやすい場所に化粧水を塗っていきます。

一度塗るのではなく、何度も何度もつけなおすようにすると、保湿効果が高まります。

 

コットンを使わずに、手でしっかり化粧水を肌に染み込ませていきます。

化粧水を付けてから、保湿フェイスパックをしたり、美容液をつけたりすると効果的です。

乳液:潤いを閉じ込める

化粧水をつけた肌をそのままにしてしまうと、せっかくしみこませた保湿成分が蒸発してしまいます。

乳液でフタをすることで、潤いを閉じ込めることが出来ます。

 

男性の肌は皮脂が多くオイリーになりやすいので、さらっとしたテクスチャー(手触り)のものを選ぶと良いでしょう。

つけ心地もよいので、肌への負担も少ないので、夜も朝も使うことが出来ます。

朝と夜別!タイミングでスキンケアのやり方を変えると効果的

洗顔、化粧水、乳液、この3つのスキンケアが基本ではありますが、朝と夜のスキンケア方法を変えることで、シミの少ない清潔感のある肌に仕上げることが出来ます。

男の朝のスキンケア方法

朝は水だけでさっぱり洗うという人も少なくないはず!

しかし、男性は眠っている間に皮脂が分泌してしまうので、洗顔料を使ってしっかり洗顔をすることが大切です。

 

ここで気になるのが、髭剃りと洗顔はどちらが先か、ということです。

基本は、髭剃りが先です。

髭をそった後に洗顔をして保湿するようにしましょう。

髭を剃るときには、髭剃り専用のジェルを購入して、それを先に顔に塗ってから剃ることで、肌へのダメージを減らすことが出来ます。

 

また、朝の洗顔で使うのはスクラブタイプではなくフォームタイプを使うようにしましょう。

カミソリによってダメージを受けた肌にスクラブは傷口に塩を塗るようなものなので、避けるようにしましょう。

 

洗顔を終えたら化粧水と乳液で保湿をしましょう。化粧水や乳液でベタついているのが気になる人は、ティッシュで軽く肌を押さえるようにして拭う、ティッシュオフという方法があります。

化粧水や乳液をつけてすぐにティッシュオフをしてしまうと、せっかくの保湿効果が低下してしまうので、出かける直前に、気になる人は行うようにしましょう。

男の夜のスキンケア方法

夜22時から2時の間は、お肌のゴールデンタイムと呼ばれています。

古い角質が新しい角質に変わるターンオーバーが起きる時間なので、その時間までにはしっかり保湿しておきましょう。

乾燥していたり、皮脂が多すぎたりするとターンオーバーの周期が乱れてしまうだけでなく、古い角質が肌に蓄積しやすくなってしまうので、肌荒れやニキビなどに繋がることがあります。

夜のスキンケアは、古い角質をしっかり落として、しっかり保湿する!

そして、お肌のゴールデンタイムには寝ていられるようにすると良いでしょう。

ゴールデンタイムに備えて、美容液を使う場合は、化粧水と乳液の間にいれるようにしましょう。美容液が化粧水を伝って肌に浸透していきます。

メンズのスキンケアを行う際の注意点

メンズのスキンケアの注意点としては、刺激を強くしないということです。

男性は女性よりも力が強いので、顔をゴシゴシ洗ってしまいがちです。

肌は刺激に弱く、あまり強く擦ると逆効果なので、たっぷりの泡で洗うようにしましょう。

洗顔の時には、手が肌に触れず、泡で洗うイメージで!

泡立てには洗顔ネットの使用がおすすめ

ファンケルから発売している洗顔ネットを使うと、濃厚泡が作りやすいので、泡立てが苦手という人は購入しましょう。

また、スクラブなどは夜洗顔の時に取り入れるようにしましょう。朝は髭剃りのダメージが強いので、優しく労わるようなスキンケアを心がけましょう。

男性必見!スキンケアアイテムの選び方

メンズのスキンケアアイテムは数多く販売しています。

今回は、そんなスキンケアアイテムの選び方をご紹介します。

選ぶときのポイントとおすすめアイテムもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

洗顔フォームの選び方

洗顔フォームは、洗浄力が高すぎないものを選ぶようにしましょう。

メンズは皮脂の量が多いので、どうしてもメンズ専用の洗顔料は洗浄力が高く、肌がヒリヒリしたり、肌がつっぱったりというデメリットが起こりやすいです。

洗浄力よりも保湿力を意識しながら、洗顔フォームを選ぶようにしましょう。

市販されててコスパの高いオススメのメンズ洗顔料

メンズビオレ 泡タイプ洗顔

メンズビオレは肌に優しい弱酸性なので、男性の肌にもおすすめです。泡タイプなので、ポンプを押すと洗顔料が泡で出てくるので、使いやすいのが特徴です。

バルクオム 洗顔料

肌に優しい「生せっけん」なので、保湿力が高く、肌へのダメージが少ないのが特徴です。

弾力のある泡が作れるので、古い角質と皮脂をしっかりとキャッチして洗い流してくれます。

化粧水の選び方

化粧水はとにかく保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。

化粧水は女性向けの高保湿のものでも問題ないのですが、バシャバシャ顔にかけることが出来る、さっぱりタイプを選ぶとよいでしょう!

市販されててコスパの高いオススメのメンズ化粧水

無印良品 敏感肌用・高保湿

コスパがいいと女性の間で話題の無印の化粧水は、メンズのスキンケアにもおすすめのアイテムです。

さっぱりとした着け心地なのに、肌にしっかり馴染んで保湿してくれます。

オルビス ミスター スキンジェルローション

オルビスのメンズラインから登場したスキンジェルローションは、保湿と乾燥のどちらも解消してくれます。

ジェルローションなので、どろっとしたローションがしっかりと肌に馴染み、しっかり保湿してくれます。

乳液の選び方

メンズのスキンケアを決めるのは乳液とも言えます。

乳液は油分で保湿成分にフタをするものですが、あまり油分が多いと、メンズの肌はテカリの原因になってしまうので、さっぱりタイプの乳液を使いましょう!

市販されててコスパの高いオススメのメンズ乳液

バルクオム 乳液

バルクオムの乳液は、とにかく軽いのが特徴です!

べたべたしていて乳液が苦手、という人にこそ使って欲しい乳液です。

保湿成分が多く、しっかりと肌を守ってくれます。

菊正宗 日本酒の乳液

日本酒の乳液は、さらっとした仕上がりなのに、乾燥の気になる口元などもしっかりと保湿してくれます。

肘やひざなどのカサつきやすい場所にも使える保湿アイテムです!

メンズスキンケアをマスターしてモテ男になろう!

いかがでしたか?

今回ご紹介したスキンケアの方法を取り入れることで、清潔感のある肌を手に入れることが出来ます。

仕事でも気になる女性にも、清潔感のある本来の姿でアプローチをすると評価もあがるかもしれません!ぜひ、参考にしてみてください。







この記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です