食べ物

カニカマの栄養・原材料と効果的な食べ方!赤い部分まで健康・美容に良い!

カニカマに含まれる栄養素、健康・美容効果とともに、一体何からできているのか原材料や赤い色をした部分の秘密を紹介します。

テレビ番組「林修の今でしょ講座」で紹介された効果的な食べ方や合わせて行いたい運動もまとめました。

 

カニカマは、2018年9月25日、テレビ朝日系で放送された番組「林修の今でしょ!講座」にて、「キムチ」「玉ねぎ」と並んで、健康長寿の人々が冷蔵庫に常備している食材として紹介されています。

果たして、一体どのような効果をもたらすというのでしょうか。

「カニカマ」に関する謎について、順にみていきましょう。

情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2018年9月25日放送

カニカマの健康・美容効果

健康長寿の人々が冷蔵庫に常備している食材の一つカニカマ

その常備率ランキングは15位と大したことがないかもしれません。

しかも普通のかまぼこならまだしも、なぜか「カニカマ」です。

カニの偽物なのです。

しかし「たかがカニカマ」と侮ることなかれ、カニカマにはカニカマの、かまぼこには無いような強みがあったのです。

そんなカニカマの美容健康効果を、探っていきましょう。

カニカマは筋肉を老けさせない食材

今回「林修の今でしょ講座」ではカニカマを筋肉を老けさせない食材として紹介していました。

教鞭を取ったのは、筋肉と健康長寿について研究をしている近畿大学生物理工学部准教授の谷本道哉先生です。

 

筋肉は加齢に伴い量とその機能を低下させていきます。

動作が鈍くなり、反応速度も低下、そしてその辺に簡単につまづくようになり、転倒して骨折…

更には筋肉が衰えて動けなくなると、最終的には寝たきりにまで陥ってしまいます。

 

そんな加齢による筋肉の衰えをゆるやかにし、むしろ筋肉をつける手助けをしてくれるのが、カニカマなのです。

 

しかしカニカマといえばカニの偽物であり、代用品という扱いが殆どであり、その鮮やかな赤い色も合成着色料による健康被害を懸念させると思います。

健康に良い、ということを伝えた街のインタビュー画像でも「えぇ~!?」という声が上がっていたくらいです。

 

ですが代用品であるからこそ、カニの偽物であるからこそ、鮮やかな赤い色であるからこその強みがそこにありました。

カニカマは何からできてる?

カニカマの原料がカニではないなら、一体何からできているのか?

まずカニカマの栄養成分から探っていきましょう。

主な栄養素は良質なたんぱく質

たんぱく質は人間の体の20%程度を構成する物質であり、骨や筋肉、皮膚や爪、臓器や血液の細胞やホルモン、酵素などを作る重要なものです。

たんぱく質不足に陥ると、疲れやすくなったり貧血になったり、免疫力の低下などを招きます。

更にセロトニンの低下による精神的な鬱症状などが出てしまう場合も見受けられます。

高齢者なら慢性的なたんぱく質不足が筋肉の衰えを招き、寝たきり状態を引き起こしてしまう場合もあるでしょう。

女性が気になる美容面では、たんぱく質不足はむくみや肌荒れ、爪や毛髪の荒れやトラブル、更には結局太りやすくなるといった症状が出てしまいます、

 

そして、たんぱく質は体で生み出すことが出来ないため、進んで摂取をする必要があります。

そんなたんぱく質摂取に役立つのが、カニカマなのです。

原材料は魚のすり身と卵白

カニカマの原料は大まかに言うと、スケトウダラなどの魚のすり身卵白です。

両方とも良質なたんぱく質であり、低脂肪な食材となっています。

更にスケトウダラの身は水に晒すことで余分な脂肪を振り落としているため、ほぼ無脂肪であることから、ダイエット中にも都合のいい食材だったりします。

カニカマは筋肉量アップに効果的な食べ物

この二種の高たんぱく食品が合わさったカニカマを進んで食べるという行為は、身体の組織構成のためには非常に有効です。

実際、65歳以上の女性19人に3か月カニカマの原材料を使ったスープを毎日飲んでもらってデータを取ったところ、運動もいつも通り程度だというのに15人も筋肉量が増加したという報告があります。

運動しないでこのデータです、カニカマの高たんぱく質がかなり凄いものであることがわかるでしょう。

カニカマの食材として優れている点

カニカマはカニに似せているからこそ特徴があります。

カニのように身は繊維状に割け、柔らかく、歯ごたえまでカニにそっくりです。

だからこそ、カニには無い利点があります。

ほぐれた身が消化吸収にいい!

カニカマの大きな特徴の一つが、カニの身そっくりな食感と、そのほぐれる繊維状の組織ですね。

このカニ似せが特に高齢者にとっては非常に有効なものとなっています。

 

普通、加齢に伴い人間は胃腸の能力も落ちて行きます。

そのため、食べたくても食べられないという状態に陥ることがよくあります。

特に、脂が重い肉や、魚なんかは沢山食べられないし、上手く消化出来ずに胃もたれを起こしてしまうことがあるでしょう。

その胃もたれなどが慢性的なたんぱく質不足の原因の一つとなり、筋肉を衰えさせてしまいます。

 

そんな胃腸の弱まりにもカニカマは大活躍です。

 

元よりかまぼこやはんぺん、ちくわなどの練り物は肉や卵に比べて消化しやすいものであり、胃もたれがしにくくなっています。

更にカニカマはそれに輪をかけて、より消化に良いのです。

 

まず、極限まで裏ごしすることで、細かい皮や骨まで取り除き、魚肉を細かく煉り合せた、ふんわりトロトロのすり身にしていることがポイントの一つです。

柔らかい食材はそれだけで消化に良いものです。

 

次に生地を薄く、細い繊維状にすることも二つ目のポイントです。

食べ物が細かく砕かれている程、胃液に触れる面積が大きく、消化吸収が良くなるのです。

 

元々消化吸収の効率が良く、徹底的に柔らかく、そして細かくほぐれるカニカマが、消化に悪く胃もたれするような食物ではないことはこれで明白でしょう。

お年寄りには最高の食材であることは間違いありません。

エネルギー源となるデンプンも一緒に摂取可能!

カニカマは魚肉をすりおろす工程の際に、硬さの調節とカニの身の白さを再現するためにデンプンを混ぜ合わせています。

このデンプンがまた筋肉を構成する手助けをしてくれる影の立役者なのです。

 

たんぱく質単独でも十分に筋肉の構成が出来るのですが、そこにデンプン、つまり糖質が投入されることで更に効果が高まります。

糖質は筋肉を作る際、エネルギーとして作用するのです。

そして糖質は筋肉を作るための力を高めてくれるインスリンの分泌を促進してくれます。

たんぱく質と糖質のガッチリとしたコンビネーションが、筋肉増強を促す秘密なのです。

条件次第ではおおよそ2倍に増えちゃいます。

 

運動もしっかり行い、カニカマを食べれば一気にパンプアップ出来るかも…ですね。

 

ちなみに本物のカニに糖質はあまり入っておらず、ほとんどが純粋なたんぱく質で構成されているため、カニカマほどの筋肉増強効果は見込めなかったりします。

ここがカニカマとカニの大きな差ですね。

低糖質だからダイエットにも最適

尚、糖質が入っていると嫌がる人もいるとは思いますが、カニカマに含まれている糖質は一日で消費できるエネルギー量程度しか入っていません。

そのため、食べ過ぎなければ単なるエネルギーとして処理されます。

大きめのカニカマなら、たんぱく質おおよそ10g、糖質もほぼ10gと、エネルギーとしては丁度良い量となります。

安心して摂取してください。

カニカマの赤い部分は何?

カニカマの着色された赤い色にも、実は秘密があります。

赤い着色料は天然由来!

カニカマの本体は白色です。

あの赤い色は着色料を使って染められています。

ただ、着色料というと、あまりいい印象を持たないのも事実でしょう。

実際、「合成着色料」と呼ばれる代物は発がん性物質が入っていることがわかっています。

 

しかし、カニカマの赤い部分はそんな作られたものではありません。

実はカニカマの赤い部分を着色しているのは、天然の食材であるトマトパプリカから抽出した色素だったのです。

赤い色素はトマトとパプリカ由来の体に良い成分だった!

トマトはご存知の通り高い抗酸化作用や疲労回復効果を持つリコピンや肌の調子を整えるビタミンなどが多く配合されたスーパーな食材です。

赤パプリカにも高い抗酸化作用と脂肪燃焼効果が期待できるカロテノイドが入っており、揃って高い抗酸化作用を持つ、アンチエイジング食材となっています。

そこから抽出した色素なのですから、身体に悪いわけがありません。

むしろ赤パプリカのカロテノイドは赤色由来であるため、むしろ身体に良い成分なのです。

表面に塗ってある程度なので、あくまで補助的なものですが、悪いものではないということを覚えておいてください。

カニカマの効果的な食べ方

1日あたりの摂取量

カニカマの一日の摂取の目安量は、大きめのカニカマなら一日1本。

かに風味かまぼこ15本入り

かに風味かまぼこ15本入り

1,200円(10/18 23:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

小さなカニカマなら5本から6本となります。

やや塩分が多いため、摂取目安量以上に食べることは注意してください。

運動とあわせて取り入れるとベスト

カニカマを食べる際は、あわせて運動をすると尚効果的となります。

運動をとりいれて筋肉が増えれば、代謝が良くなりますので、ダイエットや美容・健康にいいことは言わずもがなですね。

 

更にカニカマは生でもそのまま食べることが出来るため、手軽に摂取が可能であるということも利点ですね。

 

実は筋肉をつけるためには運動後30分以内にたんぱく質を摂取するのが有効であると言われていますが、調理が必要な肉や魚だとそう簡単にはいきません。

しかしその点、カニカマは違います。

マヨネーズをつけてそのまま食べるだけで、美味しく簡単にたんぱく質を摂ることが出来るのです。

パパッと食べることが出来るのは大きなアドバンテージです。

 

当然、調理しててんぷらにして食べても、割いてサラダに乗せて野菜と一緒に摂取しても十分美味しい。

摂取のしかたに幅が広いのも、カニカマの利点の一つでもあると思います。

林修の今でしょ講座で話題!カニかまっちょ体操とは?

テレビ番組『林修の今でしょ講座』にて、谷本先生が「いつまでも元気に歩けるように」と考案したものがカニかまっちょ体操となります。

健康長寿のためには筋肉が大事であり、人間の筋肉というものは大体腰から下の下半身に集中しているのだそうです。

特に加齢と共に落ちやすい足の筋肉を保つことが、いつまでも歩ける身体にする第一歩なのです。

そして、下半身の筋肉、足の筋肉を鍛えるのに適切なのが、スクワットであり、このカニかまっちょ体操ということになります。

 

カニカマは運動とともに取り入れるとより効果的になる食材。

エクササイズの名前は笑えますが、先生が考案しただけあって理にかなった体操なので、カニカマダイエットなどを行う際は、ぜひ生活に取り入れてみてください。

カニかまっちょ体操のやり方

  1. 足を肩幅より広めを意識して開き、立つ
  2. 手を交差させ、肩のあたりに置いておく
  3. 背筋を曲げずにゆっくりとしゃがむ(2秒かけて、出来るだけ深くまで体を落とす)
  4. 背筋を曲げずに立つ(反動で勢いをつけないように心がけて、2秒を使ってゆっくりと)
  5. 一日10セットを目安に行ってください(そのままで辛い人はテーブルにつかまって行っても大丈夫です)
  6. 体操後は栄養摂取にカニカマを食べて、終わり

とても簡単ですね、難しいことも無く、短時間で終わるので、是非やってみてください。

まとめ

カニカマは高たんぱく質で低カロリーの良質な食材です。

加齢に伴うたんぱく質不足を補うことも可能であり、低カロリーなこともあってダイエットにも効果的な、万能食材であると言えます。

もしダイエットする機会があるならば、是非ともお供にカニカマを食べてみてください。

あなたもカニカマに謝りたくなること、うけあいです。

あわせて読みたい
玉ねぎに含まれた成分の健康・美容効果をはじめ、栄養効果を高める選び方・切り方・食べ方、冷凍保存方法まで詳しく解説します。 『林修の今でしょ!講座』で紹介された食べ合わせ抜群な酢玉ねぎレシピもまとめました。
玉ねぎの栄養効果を高める選び方・切り方・食べ方|酢玉ねぎレシピも2018年9月25日にテレビ朝日系列で放送された番組「林修の今でしょ!講座」にて、健康長寿な人が冷蔵庫に常備する食物三種が紹介されました...
あわせて読みたい
キムチの健康・美容に効果的な食べ方と食べ合わせ&レシピ|林修の今でしょ講座
キムチの健康・美容に効果的な食べ方と食べ合わせ&レシピ|林修の今でしょ講座「キムチ」というと、何となく健康にいいイメージはありますよね。 2018年9月25日、テレビ朝日系列で放送された番組『林修の今でし...