日焼け対策

日焼け止めの正しい選び方と効果的な使い方!SPFやPAとは?

日差しが強くなっていく季節、UV対策はお肌のために必須です。

日差しを防ぐ方法は様々ですが、一般的な対策が「日焼け止め」。

 

しかし、売っている日焼け止めは種類がたくさんありすぎて悩んでしまいます。

選び方だけでなく、塗り方にも気をつけないといけません。

 

自分の肌と生活スタイルに合った日焼け止めを選んで正しく使い、紫外線から肌を守りましょう。

日焼け止めってなぜ必要なの?

UV対策が当たり前になっていますが、そもそもなぜ日焼け止めを使うのでしょうか。

 

日焼け止め以外に日傘・帽子など日光を防ぐグッズはありますが、建物などからの反射で防ぎきれません。

そこで活躍するのが日焼け止め。

肌に密着することでどの方向から紫外線にさらされても防ぐことができます。

 

紫外線に当たって怖いのは、UVダメージが蓄積することで起こる肌の老化。

肌の色が変わるほど日焼けしていなくてもじわじわと肌にダメージがたまってしまうので、日焼け止めは必須アイテムとなるのです。

日焼け止めの正しい選び方

日焼け止めを買おうとしたら種類が豊富すぎて選ぶのが大変だった、という経験はありませんか?

日焼け止め選びのポイントは

  • SPF
  • PA

この2つの数値です。

この2つの数値がそれぞれ何なのか、ご説明しますね。

紫外線は3種類ある

SPFとPAが何なのかの前に、まず紫外線には3つの種類があるのはご存知でしょうか?

その3つはそれぞれ

  • 紫外線A波(UV-A)
    • しわやたるみなどの肌の老化を招く
    • 窓ガラスや雲も突き抜けるため、室内でも注意が必要
  • 紫外線B波(UV-B)
    • しみやそばかすの原因になる
    • 夏場に肌が赤く日焼けしてしまうのは、この紫外線の影響
  • 紫外線C波(UV-C)
    • 皮膚病の原因になる
    • 通常はオゾン層によって吸収されるため、地上に届くことはなかったが、近年では、オゾン層破壊などによって、問題視されつつある

となります。

日焼け止めはこの中のUV-AとUV-Bをカットしてくれるものになります。

SPFとは

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略。

主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値となります。

PAとは

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略。

主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値となります。

SPFとPAの数値、両方を見て選ぶ

基本的には「SPF」と「PA」が高いほど、日焼け止めの効果が長く持続すると考えて良いです。

「それなら、両方の数値が高い日焼け止めを使えばいい」

と思いがちですが、それだけでは正しい選び方とは言えません。

数値が高いが故に生じるデメリットも存在します。

 

そのデメリットについては、日焼け止めの効果的な使い方とあわせて紹介していきます。

押さえておきたい日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めには顔用と体用がありますが、それぞれ専用のものを使うのが理想的です。

少し手間ですが、しっかり理解して正しく使うと、UVカットをしつつ肌をいたわることも可能です。

顔と体にはそれぞれ専用の日焼け止めを使用

顔用の日焼け止めには保湿成分が入っているものが多く、肌への負担を減らすことができます。

理想はUVカットができる化粧下地やファンデを顔に使い、体には別な日焼け止めを使うことです。

 

体には密着度のよいリキッドタイプがおすすめ。

カシャカシャ振って使うタイプです。

 

短時間のお買いもの程度であれば肌にやさしいジェルタイプが合っています。

ジェルは振って使う必要がないためポンプタイプのパッケージの商品があり、毎日のちょっとした時にさっと使えて便利なので一本あるといいでしょう。

外出先に合わせて選んで使う

日焼け止め対策をするとき、正しい選び方はTPOに合わせて選ぶのが正解。

「SPF」や「PA」は数値が高いほどUVを長時間カットしてくれますが、デメリットもあります。

 

それは、

  • 肌が乾燥、荒れる心配がある
    • 配合されている成分の影響で数値が低いものより負担がかかります。
  • 数値が高くても、こまめな塗りなおしは必要
    • 汗をかいたり無意識に顔に触ることで、日焼け止めは落ちてしまいがちとなります。

この2つです。

 

特にポイントとなるのは、前者の肌への負担が大きいということです。

日焼けを防いで肌を綺麗にするために日焼け止めを塗るのに、それが原因で肌荒れしてしまっていては意味がありませんよね。

 

なので、どれぐらい日差しのもとで活動するのかなどに合わせて適切な数値のものを選ぶのが化粧品業界での一般的な考え方です。
(日常生活ではSPF30、PA++くらいで十分だと言われています。)

 

しかし、最近では数値が高いものでも成分にこだわることで非常に低刺激に仕上がっているものもありますので、
数値だけにこだわらずに肌への負担が大きい成分がないかも見て判断すると良いでしょう。

こまめに塗りなおすことも重要

また、後者の「こまめに塗りなおす」ということも重要なポイントとなります。

めんどくさくてそんなの無理・・・と思われる方は、さっと吹きかけるだけのスプレータイプの日焼け止めを選ぶのもオススメです。

SPF、PAの高い数値の日焼け止めを使っているからといって、
油断して塗りなおしをおろそかにしていると、日焼けしてしまいますので気をつけてください。

なおメイクの上からスプレーするとテカってしまうので、顔の場合はUVカットできるフェイスパウダーを持っておくと化粧直しが楽になりますよ。

おすすめの日焼け止め

日焼け止めは、

「肌への負担が大きいから、SPF値、PA値が高いものを選べば良いというわけではない」

と書きましたが、実は最近では、そのデメリットを克服している商品もあります。

それが『【SPF50+ / PA+++】ロベクチン プレミアムUVディフェンス

 

こちらは、

『抗がん剤治療や放射線療法などの酷い肌荒れトラブルに悩むガン患者の方でも使える』

というコンセプトのもと作られた非常に低刺激な日焼け止め。

 

具体的には、肌荒れの原因となるものを排除しており、

  • 紫外線吸収剤不使用
  • 100%ミネラルフィルター
  • オイルフリー
  • 石油系界面活性剤フリー
  • 発がん性物質不使用
  • 無香料

となっています。

 

それでいてSPF50+ / PA+++と抜群の日焼け防止効果。

 

もし日焼け止め選びで悩まれている方がいましたら、公式サイトにて詳しくチェックしてみてください。
ロベクチン プレミアムUVディフェンスの公式サイト

まとめ

意外と正しい使い方が知られていない日焼け止め。

めんどくさいと思われがちですが、紫外線から肌を守り美肌を作っていくには欠かせないアイテムです。

  • 顔と体にはそれぞれ専用のタイプを使う
  • 外出先に合わせて使い分ける
  • こまめに塗りなおす

といった正しい選び方と使い方で、紫外線の強い季節を乗り切りましょう!